TACT2018のブログ

米国株中心長期保有 ・目標投資金額  個別株 120万円/年  積立NISA 40万円/年 ・投資方針  ディフェンシブ株中心にBuy & Hold  ・毎回10~15万円程度で銘柄購入  ・構成比率の低い銘柄優先購入  ・前回購入単価から10%以上株価下落している銘柄優先購入  ・ブログ村で噂される銘柄を吟味して購入笑 ・市場から退場しない!

SQ・AMZNチャレンジ!その1

お疲れ様です。

ついに実行に移しました。○○チャレンジ!

そうです。日本株を売却した分で米国株のバリバリグロース株を購入したのです。しかし、本来の私の方針にそぐわない投資方針となるので14か月で今回購入したSQ,AMZNを売却してポジションをゼロに戻す計画になります。運用方法を下記の通り決めて運用していきます。投資というより投機的な色合いが強いです。

 

【購入銘柄】

SQ   株価70.00/購入株数:114 (約90万円)

AMZN 株価1837.65/購入株数:2(約40万円)

 

【原資(日本株売却)】

日経225インデックスe:約定単価 13,283/解約数:418,026(約55万円)

東京電力:売却時銘柄単価 536.1円/売却株数:1700(約90万円)

税引き後で約140万円残りました。実際にすべてSQとAMZNを解約した時に上の二つのパフォーマンスがハードルになります。東京電力は企業に投資するというより、色々政治的な要素も絡みながら儲からないかという銘柄なので。それがSQ,AMZNに変わるのは寧ろ健全な投資に近づいた気がします(上で投機って言っちゃってますが)笑

 

【運用方法】

①最初にSQ株から、その後AMZNを売却していき既存のPFに組み込まれている銘柄の購入資金とする。

②売却の開始は9月末頃からとする。

③売却頻度は2か月に1度

④売却ルール SQ:含み損有時 MAX19株売却/含み益有時 MAX1,350ドル以下分の株数売却   AMZN:1株ずつ売却

売却はしていきますが、SQ,AMZNを約16か月保有することになります。これで時限的に私もバリバリグロース株を持つことになります。この間にキャピタルゲインの恩恵を受けつつディフェンシブ株に資金を移していく作戦です。

 

【目標】

①SQ,AMZNをすべて売却した時にキャピタルゲインで含み益が出ていること

②SQ,AMZN購入原資となった日経INDEX、東京電力のパフォーマンスを上回ること

③S&P500のパフォーマンスを上回ること(ここまで達成したら万々歳)

さ~て2019年一杯くらいSQ,AMZNを保有することになります。2019年~2020年ころには米株がピークアウトするかもとの話もブログ界隈で出ております。さて、景気後退時の影響を受けやすいグロース株2銘柄を私が手放すのが早いか、米株のピークアウトが早いか笑

私はどうなるか楽しみです。市場からの退場だけはしないようにいきたいと思います。

 

では

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村